ブログ

更新期限が迫っている

建設業の許可は5年間有効です。
一日でもその期間を過ぎてしまいますと更新は出来ず、新たな許可番号を新規で取得しなければなりません。また一から許可を取ることになります。

許可後の手続きの流れ

許可を取得後は、毎年決算終了後に事業年度終了届出書、その他許可の申請事項の内容に変更を生じたときには一定期限内に変更届出書等を提出しなければなりません。

また、その許可を更新する場合は、許可期限満了の日の 30 日前までに(3ヶ月前から受付)許可の更新の手続きが必要です。

気付いたら有効期限が迫っていた

許可期限満了日の30日前までに更新の手続きを済ませなければならないのですが、有効期限が過ぎてしまったのでなければ、迅速に打つべき手を打ちます。

必ず更新できるとは断言できません。しかし、最短時間で書類をそろえることにより可能性はあります。

そのような時は

名古屋建設業許可支援センターへすぐにお問い合わせください。経験の数だけスピードが違います。

お客様と一緒に悩み考えスピーディに行動します!





 

その他ご不明な点がございましたらお気軽にお問合せください。

関連記事

  1. 最新の法令改正情報
  2. 許可がないと仕事が無くなる?
  3. 社会保険に未加入だと許可が取れない?
  4. 個人事業主の事業承継
  5. 許可はゴールではなくスタート地点

コメント

  1. この記事へのコメントはありません。

  1. この記事へのトラックバックはありません。

PAGE TOP

お問い合わせは
 こちらから