INFORMATION

建設コンサルタント業者登録

建設コンサルタント登録制度とは

主に土木に関する21の登録部門の全部又は一部について建設コンサルタントを営む者が、一定の要件を満たした場合に、国土交通大臣の登録が受けられる制度です。

なお、登録の有無に関わらず、建設コンサルタントの営業は自由に行うことができます。

登録の要件

1.登録を受けようとする登録部門ごとに当該部門にかかる業務の技術上の管理をつかさどる専任の者(以下「技術管理者」という。)を置く者であること。
技術管理者は、原則として各登録部門に対応した選択科目で技術士法による第二次試験に合格して同法による登録を受けている技術士であることが必要です。なお、技術管理者は常勤し、その業務に専任する必要があります。
 
2.財産的基礎又は金銭的信用を有する者であること。
(1)法人の場合は、資本金が500万円以上であり、かつ、自己資本が1000万円以上である者
(2)個人の場合は、自己資本が1000万円以上である者

登録できる21部門

1.河川、砂防及び海岸・海洋部門
2.港湾及び空港部門
3.電力土木部門
4.道路部門
5.鉄道部門
6.上水道及び工業用水道部門
7.下水道部門
8.農業土木部門
9.森林土木部門
10.水産土木部門
11.廃棄物部門
12.造園部門
13.都市計画及び地方計画部門
14.地質部門
15.土質及び基礎部門
16.鋼構造及びコンクリート部門
17.トンネル部門
18.施工計画、施工設備及び積算部門
19.建設環境部門
20.機械部門
21.電気電子部門
 

登録の有効期限

5年間です。登録の有効期間満了後も引き続き登録を受けようとするときは、有効期間満了の日の90日前から30日前までに登録の更新の申請をしなければなりません。

その他ご不明な点がございましたらお気軽にお問合せください。

PAGE TOP

お電話でのお問い合わせはこちら
📞052-562-0087