INFORMATION

産業廃棄物収集運搬業

建設業者が、工事において発生するコンクリートがら、電線くず、金属くず、廃プラスチック類などの産業廃棄物を自社のトラックなどで運搬(現場から中間処理又は最終処分の施設へ)する場合、当該建設工事を行うものが下請業者であれば収集運搬業の許可は原則として必要です。

以下の具体例を参考に産業廃棄物の許可が必要かご検討下さい。

産業廃棄物の種類具体例

あらゆる事業活動に伴うもの
種 類 具 体 例
(1) 燃え殻 石炭がら、焼却炉の残灰、炉清掃排出物、その他焼却残さ
(2) 汚泥 排水処理後および各種製造業生産工程で排出された泥状のもの、活性汚泥法による余剰汚泥、ビルピット汚泥、カーバイトかす、ベントナイト汚泥、洗車場汚泥、建設汚泥等
(3) 廃油 鉱物性油、動植物性油、潤滑油、絶縁油、洗浄油、切削油、溶剤、タールピッチ等
(4) 廃酸 写真定着廃液、廃硫酸、廃塩酸、各種の有機廃酸類等すべての酸性廃液
(5) 廃アルカリ 写真現像廃液、廃ソーダ液、金属せっけん廃液等すべてのアルカリ性廃液
(6) 廃プラスチック類 合成樹脂くず、合成繊維くず、合成ゴムくず(廃タイヤを含む)等固形状・液状のすべての合成高分子系化合物
(7) ゴムくず 生ゴム、天然ゴムくず
(8) 金属くず 鉄鋼または非鉄金属の破片、研磨くず、切削くず等
(9) ガラスくず、コンクリートくずおよび陶磁器くず ガラス類(板ガラス等)、製品の製造過程等で生ずるコンクリートくず、インターロッキングブロックくず、レンガくず、廃石膏ボード、セメントくず、モルタルくず、スレートくず、陶磁器くず等
(10) 鉱さい 鋳物廃砂、電炉等溶解炉かす、ボタ、不良石炭、粉炭かす等
(11) がれき類 工作物の新築、改築または除去により生じたコンクリート破片、アスファルト破片その他これらに類する不要物
(12) ばいじん 大気汚染防止法に定めるばい煙発生施設、ダイオキシン類対策特別措置法に定める特定施設または産業廃棄物焼却施設において発生するばいじんであって集じん施設によって集められたもの
特定の事業活動に伴うもの
種 類 具 体 例
(13) 紙くず 建設業に係るもの(工作物の新築、改築または除去により生じたもの)、パルプ製造業、製紙業、紙加工品製造業、新聞業、出版業、製本業、印刷物加工業から生ずる紙くず
(14) 木くず 建設業に係るもの(範囲は紙くずと同じ)、木材・木製品製造業(家具の製造業を含む)、パルプ製造業、輸入木材の卸売業および物品賃貸業から生ずる木材片、おがくず、バーク類等
貨物の流通のために使用したパレット等
(15) 繊維くず 建設業に係るもの(範囲は紙くずと同じ)、衣服その他繊維製品製造業以外の繊維工業から生ずる木綿くず、羊毛くず等の天然繊維くず
(16) 動植物性残さ 食料品、医薬品、香料製造業から生ずるあめかす、のりかす、醸造かす、発酵かす、魚および獣のあら等の固形状の不要物
(17) 動物系固形不要物 と畜場において処分した獣畜、食鳥処理場において処理した食鳥に係る固形状の不要物
(18) 動物のふん尿 畜産農業から排出される牛、馬、豚、めん羊、にわとり等のふん尿
(19) 動物の死体 畜産農業から排出される牛、馬、豚、めん羊、にわとり等の死体

(20) 以上の産業廃棄物を処分するために処理したもので、上記の産業廃棄物に該当しないもの(例えばコンクリート固型化物など)

特別管理産業廃棄物の種類、性状と排出事業者例

 
種 類 性 状 と 排出事業者例
廃油

揮発油類、灯油類、軽油類の燃えやすい廃油など

《排出事業者例》紡績、新聞、香料製造、医療品製造、石油精製、電気めっき、洗濯、科学技術研究

廃酸
廃アルカリ

pH2.0以下の酸性廃液、pH12.5以上のアルカリ性廃液

《排出事業者例》カセイソーダ製造、無機顔料製造、無機・有機化学工業製品製造、アセチレン誘導品製造、医薬・試薬・農薬製造、金属製品製造、石油化学工業製品製造、非鉄金属製造、ガラス・窯業、科学技術研究

感染性
産業廃棄物

感染性病原体が含まれるか、付着しているか又はそれらのおそれのある産棄廃棄物
(血液の付着した注射針、採血管等)

《排出事業者例》病院、診療所、衛生検査所、老人保健施設

 

特定有害産業廃棄物

PCB PCBおよびPCBを含む廃油
PCB
汚染物
PCBが染み込んだ汚泥、PCBが塗布もしくは染み込んだ紙くず、PCBが染み込んだ木くず、もしくは繊維くず、またはPCBが付着もしくは封入された廃ブラスチック類や金属くず、PCBが付着した陶磁器くずやがれき類
PCB
処理物
PCB等またはPCB汚染物を処分するために処理したもの(環境省令で定める基準に適合しないものに限る)
廃石綿等

建築物その他の工作物から除去した飛散性の吹付け石綿、石綿含有保温材、断熱材、耐火被覆材およびその除去工事から排出されるプラスチックシート等で、石綿が付着しているおそれのあるもの、大気汚染防止法の特定粉じん発生施設で生じた石綿で集じん施設で集められたもの等

《排出事業者例》石綿建材除去事業等

 

有害産業廃棄物

水銀、カドミウム、鉛、有機燐化合物、六価クロム、砒素、シアン、PCB、トリクロロエチレン、テトラクロロエチレン、ジクロロメタン、四塩化炭素、1,2-ジクロロエタン、1,1-ジクロロエチレン、シス-1,2-ジクロロエチレン、1,1,1-トリクロロエタン、1,1,2-トリクロロエタン、1,3-ジクロロプロペン、チウラム、シマジン、チオベンカルブ、ベンゼン、セレン、1,4-ジオキサン又はその化合物、ダイオキシン類が基準値を超えて含まれる汚泥、鉱さい、廃油、廃酸、廃アルカリ、燃え殻、ばいじん等

《排出事業者例》大気汚染防止法(ばい煙発生施設)、水質汚濁防止法(特定事業場)等に規定する施設・事業場

 

「産業廃棄物収集運搬業」は、産業廃棄物を「積み込む場所(排出事業者の所在地)」と「降ろす場所(処分委託先)」の、両方の行政の許可が必要となります。

積み替え・保管のある場合は別途ご相談ください。

報酬表

おもな手数料及び報酬についてご案内いたします。

基本報酬表
許可の種類(積み替え保管なし) 申請手数料 報 酬 額
産業廃棄物収集運搬業(新規) ¥81,000 ¥100,000~
産業廃棄物収集運搬業(変更)  ¥71,000 ¥80,000~
産業廃棄物収集運搬業(更新)  ¥73,000

¥80,000~

特別管理産業廃棄物収集運搬業(新規) ¥81,000

¥150,000~

特別管理産業廃棄物収集運搬業(変更) ¥72,000 ¥120,000~
特別管理産業廃棄物収集運搬業(更新) ¥74,000 ¥100,000~
産業廃棄物収集運搬業(2ヶ所申請) ¥162,000 ¥150,000~
産業廃棄物収集運搬業(3ヶ所申請) ¥243,000 ¥200,000~
特別管理産業廃棄物収集運搬業(2ヶ所申請) ¥162,000 ¥225,000~
特別管理産業廃棄物収集運搬業(3ヶ所申請)

¥243,000

 

¥300,500~

消費税、交通費、出張費、書類取得にかかる費用は別途ご請求申し上げます。詳細はお気軽にお問合せください。

ご相談から許可取得まで

お問合せから許可申請書がお手元に届くまでの流れをご説明いたします。

STEP1:お問合せ~無料相談

平日は時間が無いという方もご希望のお時間に対応いたします。先ずはご連絡を!
平日はお仕事で忙しいという方のために、土・日・祝また、早朝、夜間もご相談を受け付けております。

お客さまとの対話を重視することがモットーです。お客さまのお話にじっくりと耳を傾け、時間をかけて丁寧にヒアリングいたします。
お手持ちの資料など関係する書類を見せていただきます。

STEP2:お見積りの作成~書類作成

お客さまとの対話を重視しています。
弊所では、お客さまにご納得いただけないままお手続きを進めるようなことは一切ございません。
一つでもご不明点がございましたら、お気軽にお申し付けください。

お見積りをご覧いただきご納得頂きましたら書類作成に入ります。
書類の作成と必要書類の収集には通常、2~3週間を要します。
最初のご相談時に許可取得までのタイムスケジュールはご説明いたします。

また、「産業廃棄物処理業の許可申請に関する講習会」が修了していない場合は早急に申込をお願いします。(弊所で手配も致します)

STEP3:最終確認~申請

申請書が完成しましたら最終確認をしていただき、申請書類に申請者の押印をお願い致します。
押印頂いた書類を管轄の自治体へ提出いたします。

申請書が受理されましたら決定した報酬につきましてご請求申し上げます。
許可証がお手元に届くまで、どうぞ業務に専念なさってください。
万一、許可が下りない場合は全額返金いたします。

STEP4:許可の取得

約2か月で産業廃棄物の許可がおります。
許可証がお手元に届きましたらご連絡をお願い致します。

 

その他ご不明な点がございましたらお気軽にお問合せください。

PAGE TOP

お問い合わせは
 こちらから